美容の悩みが急増するアラフィフ女性のキレイを応援するブログ

3種の紫外線とブルーライト・近赤外線の肌への影響

Misuzu吹き出し太陽から届く光は暖かく、植物を育てて動物を助けます。
もちろん人間も太陽の恩恵を受けている動物ですが、女性にとっては肌の老化を進めてしまう、できれば避けたい光線ですね (´^`;)
アメリカの皮膚科学会では、肌の老化の80%が紫外線によるものだといわれているそうですよ。
最近では「光老化」を心配して、紫外線対策をする女性も増えてきましたね。

また、有害な紫外線に加えて、スマホやPCの液晶画面から発せられるブルーライトや、近赤外線の肌への影響も心配されてきています。

「対策するにはまず、敵を知れ」有害な光線の性質をまとめてみますので、有害光線対策にお役立てくださいね (`∂∀≦´)-☆

紫外線と近赤外線を波長で並べた位置関係

まずはシミやシワ、タルミなどの原因となる光線の波長についておさらいしましょう。

太陽光の波長

上の図には紫外線から近赤外線までを示しましたが、紫外線の外にはエックス線、ガンマ線があり、近赤外線の外側には中赤外線、遠赤外線と続きます。

紫外線は「UV-C(200nm~280nm)」「UV-B(280nm~315nm)」「UV-A(315nm~400nm)」の3種に分類され、UV-Aの中で340nm程度以上の波長の光線は「長波長UV-A」と表現されています。
UV-Aの70%以上が長波長UV-Aですね。

長波長UV-Aと少し重なった380nm~500nmがブルーライトの波長です。

赤外線は780nm~100,000nm程の広い領域で780nm~1,400nmを近赤外線と呼び、その外側に中赤外線、遠赤外線が位置します。

紫外線・ブルーライトと近赤外線の肌への影響

紫外線の肌へのダメージ

紫外線:UV-C

紫外線のなかで最も波長が短いのがUV-Cです。
紫外線のなかで最も毒性が強く、肌にあたると細胞のDNAを破壊し、最悪皮膚がんにもつながる恐ろしい紫外線ですが、波長が短いため大気中のオゾン層を通り抜けることができず、地上までは届きません
紫外線の肌への影響を考えるとき、UV-Cはとりあえず無視して問題ありません

紫外線:UV-B

UV-Cより波長の長いUV-Bは、オゾン層を通り抜けて地上まで届きますが、表皮の奥の真皮までは届きません

UV-Bを浴びると表皮の細胞内で、活性酸素を含むフリーラジカルが発生し、細胞や細胞の核の中にあるDNAを傷つけ、炎症を起こします。
海水浴などで強い紫外線を浴びた後に、真っ赤になってひりひりしている状態(サンバーン)がこの状態です。

表皮の細胞が傷つけられるとくすみ乾燥の原因になります。
UV-Bを浴び続けて細胞やDNAの損傷、修復が繰り返されると、エラーが発生する確立を高めますので皮膚がんの原因にもなります。

また、表皮の中には表皮の一番奥にあるメラノサイトにシグナルを送る細胞があり、その細胞が紫外線を浴びると、細胞やDNAを守るためにメラノサイトにシグナルが送られ、メラニンの生成を活性化させます。

紫外線:UV-A

UV-Bより長い波長のUV-Aは表皮を通り抜け真皮まで届きます

UV-Aはメラニンを黒く変色させます(サンタン)ので、シミの原因はメラニンを過剰に排出させるUV-Bとそのメラニンを黒くするUV-Aの両方にあることになります。

UV-AもUV-Bと同様に活性酸素を含むフリーラジカルを発生させますが、UV-Aが届く真皮には、お肌の弾力を保つコラーゲンや、ハリを保つエラスチンなどがありますので、それらが傷つけられることによって、シワタルミの原因となります。

Misuzu

シミの原因のメラニンは、とかく嫌われがちですが、紫外線から細胞やDNAを守る大切な役割を担っています。

白人は紫外線量の少ない地域で進化してきたためメラニン量が少なく、強い紫外線の影響が日本人よりも深刻になります。
白人に皮膚がんが多く、シミやシワ、タルミといった光老化が、日本人より早く現れるのはそのためです。

そういった背景からも白人の太陽光に対抗するサプリメントの関心は高く、開発も日本より進んでいるようです。

紫外線:長波長UV-A

2~3年前に、真皮の深いところまで届き、深刻な光老化をもたらす紫外線として話題になりました。
そして、長波長UV-Aを防げると宣伝すればその日焼け止めは売れたので、各社こぞって対応してきました。
ただし、呼び名は他社の真似にならないよう微妙に表現を変えています。

 資生堂 ANESSA(アネッサ):「透過型A波
 カネボウ ALLIE(アリー):「深層部ダメージUV
 FUJIFILM アスタリフト:「Deep UVA
 ラ ロッシュ ポゼ:「ロングUVA

しかし現在では、長波長UV-Aの脅威は宣伝文句で言われていたほどではなく、長波長UV-Aを防ぐことができる、刺激のある成分の方が肌に悪いという認識も見られるようになっています。

紫外線をカットできる成分で、刺激になる成分は「紫外線吸収剤」です。
光のエネルギーを熱エネルギーなど変換する科学反応によって、紫外線を無効化していますので、肌が乾燥したり、その成分自体が刺激になったりする場合があります。

紫外線をカットできる成分で、刺激になりにくい成分に「紫外線散乱剤」があり、この成分は光を反射させて肌に届かないようにしています。
光を反射させるので、ブルーライトや近赤外線までカットできる商品もありますが、粒子が大きいと白浮するといったデメリットや、光触媒活性を問題視する声もあります。

近赤外線

近赤外線は安全と考えられ、テレビのリモコン、赤外線通信など、広く利用されていますが、美容の分野では残念な研究結果が出ているようです。

近赤外線の波長は可視光線よりも長いので、その透過力は紫外線とは比べものにならず、筋肉まで達すると言われています。

しかも、紫外線とは別のかたちで近赤外線にも光老化を起こす作用があることが、最近の様々な研究で分かってきています。

まだ完全に解明されたわけではないようですが、確実にわかっていることは、この光老化の原因は、近赤外線にあたったことによって生成される活性酸素を含むフリーラジカルにあるようです。

フリー。。。?
フリーラジカルって何?
活性酸素とはちがうものなの?
Misuzu
人を形作っている細胞は様々な分子の集合体です。
分子の中には電子があり、プラスとマイナスがペアになった状態で安定していますが、電子を一つ失った状態では不安定になり、安定しようと他の分子から足りなくなった電子を奪おうとします。
安定していた分子は、電子を奪われたことにより不安定になってしまいます。
この状態が「フリーラジカル(ペアになっていない電子)」と呼ばれ、活性酸素もフリーラジカルのひとつです。

3種の紫外線とブルーライト・近赤外線の肌への影響まとめ

太陽に向かって大丈夫とアピール

どの太陽光の肌への悪影響も、その根本に「活性酸素を含むフリーラジカル」があるようですね。
つまりひとことで言うと、光老化とは肌の酸化によるダメージと言うことができそうです。

しっかりと紫外線対策をして、うっかり日焼けしてしまわないようにしなくちゃですね
(9`・ω・)9

また活性酸素は、からだに入ってきた、または体内で発生した異物を攻撃するために必要ではありますが、全身の健康にも影響しますから、積極的に抗酸化作用のある食品を日々の生活に取り入れることが、美容にも健康にも重要です。

アントシアニン(クランベリー)
カテキン(お茶)
ケルセチン(たまねぎ)
β-カロテン(にんじん)
など
日焼け止めや日傘で、外からの光ダメージをブロックし、サプリメントや食事で、からだの内側からダメージを防ぐことで、若々しいお肌をキープしましょう ♪(°▽^ *)ノ⌒☆
砂浜に置かれた帽子とサングラス
最新情報をチェックしよう!